メニュー

フッ素塗布について

フッ素のむし歯予防効果

むし歯予防にフッ素塗布が有効であることは、歴史的、また科学文献からも認められています。

日本でのフッ素使用状況

日本では現在、母子健康手帳の1歳半のところを見てみると、フッ素の含まれている歯磨剤などを使っているかどうかの項目があります。

日本ではほとんどの歯磨剤、歯磨き後に塗布するジェルにフッ素が含まれています。

こども用、成人用で濃度や使い方が異なるものの、フッ素が含まれていることは概ね共通しています。

歯磨き後など水で完全にゆすいでしまうとフッ素もおおかた流れてしまうので注意が必要です。当院ではこのゆすぎ方についても指導いたします。

また就寝前にフッ素の洗口剤で口をゆすいでから寝るというのも非常に簡単で効果的なフッ素応用法の一つです。
(年代別、生活スタイル別のフッ素の使い方についてはご希望であれば直接ご相談ください)

低濃度フッ素局所応用と高濃度フッ素局所応用

フッ素の適応のさせ方には2通りあり、上で述べた普段のブラッシングなどで使う方法は低濃度のものです(低濃度フッ素局所応用などと表現されます)

もう一つは高濃度のもので、毎日使う歯磨剤やジェルに含まれているフッ素濃度がおおよそ900〜1450ppmであるのに対し9000ppmのものを歯に塗布します(高濃度フッ素局所応用)。この方法はフッ素が高濃度のため歯科医院でしかできません。

この2つの方法がどのように違うのかをご説明いたします。

低濃度フッ素局所応用

毎食後〜毎晩のペースでフッ素を口の中に補充します(歯磨剤や洗口剤使用時)。

歯磨剤や洗口液に含まれているフッ素が口の中に行き渡り、使い方が適切であれば、再石灰化、むし歯菌の出す酸を抑制し、むし歯予防効果を発揮します。

歯の表面にフッ素と結びついたむし歯の出す酸に強い歯質を作る効果はほとんどないと言えます。

高濃度フッ素局所応用

むし歯のリスクによりますが数ヶ月程度の頻度で歯の表面に高濃度のフッ素を塗布します。高濃度フッ素の作用により歯の表面がフッ素と結びついたフルオロアパタイトというむし歯の酸に強い歯質になります。

フルオロアパタイトはごく表層に限られますから、毎日の食事やブラッシングで徐々に消失します。そのため、継続的な塗布が必要です。
こどもの生えたての奥歯、こども大人問わずのリスクの高い永久歯などにおすすめできます。

むし歯予防のためのフッ素の使い方は
毎日のブラッシング時の歯磨剤使用、フッ素洗口剤使用
定期的な歯科医院での高濃度フッ素塗布

この2つのを行っていくことが重要です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME