メニュー

歯の矯正について

「こどもの前歯が出ているのが気になる」「食事に困っているわけではないけれど歯がたてこんでいるのが気になる」などの相談をしばしば伺います。小学校の歯科検診に行っても矯正中のお子さんがずいぶんと増え、歯ならびへの皆様の関心の高さが伺えます。

また、おとなの方からは年齢によって矯正ができるできないはあるのかという質問も受けることもあります。
ここでは歯ならびの治療(矯正治療)についてのお話をしたいと思います。

お子さんの矯正について

まずお子さんの矯正の場合には年齢によって考え方が異なります。
お子さんひとりひとり歯の抜けかわりに差がありますから、一概に年齢では区切れないのですがおおまかにわけると12歳頃というのは一つの目安になると思います。
1期治療(〜12歳頃まで)
2期治療(12歳 永久歯列完成以降)

1期治療のメリット

いわゆる1期治療で矯正治療を行うメリットは
「成長発育を好ましい方へ向けられる可能性がある」ということです。

例えば上の歯ならびが非常に立て込んでいて、通常永久歯列になってからだとほぼ確実に歯を抜いてスペースを作らなくてはならないようなケースでも、小学生のときから治療を行うことにより抜歯をしなくても済むようになる可能性もあるということです。

早く治療をすれば歯を抜かなくてすむかどうか

ここで注意しなくてはならないのは、早い年齢から治療をすれば歯を抜かなくて済むか、矯正治療が早く終わるのか、というと必ずしもそうではないということです。

歯が並べるスペースを作るには
1 歯を抜く
2 歯列(歯ならびのアーチ)を拡大する
3 奥歯を後ろへ動かす
4 前歯を前方へ広げる
5 歯を少しずつ削る
など様々あります。

歯を抜くというのはもっともスペースが稼げるやりかたですが大切な歯をうしなってしまうというデメリットもあります。
しかし歯を抜かずに他の方法で歯を並べるスペースを作ろうと思うと、歯列を不自然なまでに広げる事が必要になったり、また前歯をかなり前に倒して(いわゆる出っ歯の方向に)スペースを作らなければならないということも出てきます。
矯正治療のゴールは歯をきれいに並べることはもちろんですがそれだけではなく、適正とされる横顔を作るというのも重要なゴールの一つです。
とても極端な例を挙げますと、歯を抜かずにきれいに並べられたのはいいけれど、横から見ると前歯がとても出ているようにみえてしまう、ということになると皆様の求めるゴールとは異なることも多いと思います。そして、お子さんの成長を待ちながら治療を進めていくということもあり、器具をつけている時間は永久歯が生え揃ってから治療をするより長くなるということもあります。特に反対かみ合わせの場合は、第二次性徴期に下の顎が大きく成長するので、いわゆる成長をしきった時期までは確定的な治療を待つことがあります。

バランスよく方法を組み合わせることが大切

もともとどの程度スペースが足りないのか、またどの方法を組み合わせて使えばバランスの取れた歯列、横顔を作れるのかというのは、皆様のお口の中を再現した模型、頭蓋骨を含めた横顔のレントゲンや写真などをみて、各年齢の平均値を参考にしつつ分析するということになります。お子さんの場合には第二次性徴期に顔つきも変わってきます。そのバランスを取る上で歯を抜いてスペースを作るという方法が必要となることもあるのです。

協力してゴールへ

先程述べましたとおり、成長期のお子さんの場合には文字通り成長がありますから、これを好ましい方向へ追い風を吹かせることができるような装置を使うことにより歯を抜くことをしなくて済み、バランスの良い歯列、横顔になるよう方向づけられればそれが一番望ましいゴールだと考えています。そのためには矯正器具を正しく、適切な時間使っていただくことが非常に重要なことです。大人ならまだしもお子さんの場合には、器具に慣れるというのも一苦労で、そのため保護者の方々も悪戦苦闘することもありますが、お子さん、保護者の方々、我々歯科医療スタッフが協力して治療をすすめることが最も大切なことであると思います。

大人の矯正治療

大人については小学生のお子さんの矯正とは違い、成長という部分はありません。年齢制限も特別にありません。ただ大人の場合、歯を動かすにあたって歯周病の状態というのは気にしなければなりません。「歯周病(ししゅうびょう しそうのうろうとも言う)」は歯の根を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。歯周病の炎症がコントロールできてないうちに歯を動かすことは大変危険と言えます。

現状の歯周病の状態。歯ならび、歯の傾き、横顔のバランスなどを考えながら治療方法を立案していきます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME