メニュー

当院の特徴

「ご挨拶」の内容と一部重なりますが、当院の標準的な治療の流れを特徴として少し詳しくご説明いたします。

1.全身状態の把握、連携

drimg2歯科治療というと一般的に全身との繋がりが薄いように感じられますが治療の前に全身状態を把握していくことは、安全に歯科治療も進めていくためにも大変重要なことです。血圧測定や通院状況、飲んでいるおくすりなどををお伺いし、予想される治療内容から必要と判断した場合はかかりつけの医科の病院へ情報提供のお手紙を書かせていただくこともございます。
一刻も早く治療に入りたいお気持ちも当然あるとは存じますが、安全に歯科治療を進めていくためにもご協力をお願いいたします。

2.問診 

患者さんの現在困っているところや痛みの経過を詳しく伺います。
どのようなことをきっかけに始まり、どのような経過をたどり、現在どのような状態なのかを患者さんご自身の言葉でお話しいただきます。

3.その他の診査

レントゲンの撮影や、温かいもの冷たいものに対する歯の神経の反応、硬いものを噛んだときの歯の反応、歯の周りのポケットの深さ、歯ぐきや粘膜をさわったときの反応、病変の色や性状など様々な診査をして原因を突き止めます。歯科用顕微鏡を使い、細かい破折線を発見できることもあります。現在お困りの状況が、診査で再現できるかどうか、歯が原因のものなのか、歯以外のことが原因であるのかの鑑別も重要です。

診断の結果、診査でお困りの痛みの状況の再現が難しく、また、お話から考えられる解決方法が、神経を取るなど後戻りできない処置しかない場合は「待機的診断」つまり経過をみさせていただくということもあります。これはいわゆる「ほうっておく」というわけではなく、現在の病状の推移を注意深く見守り、診断がはっきりするタイミングで適切な治療をするために必要なことです(する必要のない、後戻りのできない治療(例・歯の神経を取るなどの治療)を避けるためのものでもあります)。患者さんからしたら、不安な状況が続くようにも思えてしまいますが、できるだけの説明をさせていただき、適切な診断適切な治療を心がけています。

4.診断治療

正確に診断がつけば治療を進めていくのみですが、治療する箇所によっては治療方法が何通りも考えられます。

各治療方法のメリット・デメリットをお話しながら患者さんのご希望を伺い、治療方法を決めていきます。口の奥の方で見えにくいところは歯科用顕微鏡とそれに接続した画像システム(ADMENIC DVP)で拡大した動画を見ていただきながら説明をすることもあります。

私自身、様々な分野の様々な症状に対応できるホームドクターを目指し各学会に所属し日々研鑽を積んでおります(所属学会は「ご挨拶」ページ下段に掲載しています)。

専門的な歯科治療が必要な場合には、高度医療機関へのご紹介もいたします。

5.予防の提案 定期検診

もっとも困っている部分がある程度解決したとき、あるいは必要な治療が一通り終わったときに現在の落ち着いた状態をできるだけ長く保つための予防の提案をいたします。国民病と言われる歯槽膿漏については、適切なブラシや歯間ブラシなどの補助的な清掃器具を使った磨き方を、むし歯についてはブラッシングはもちろんですが特に甘い物のとりかたや、歯磨き粉や洗口剤などフッ素の効果的な使い方を、皆様の毎日の生活の中で実現可能なかたちにしてお話します。 

むし歯でも歯槽膿漏でもなく、口腔崩壊の引き金となる無意識の噛み締め(TCH)歯ぎしりや食いしばりについてもお話させていただく機会は多いです。必要であればマウスピースの作成を提案させていただくこともあります。

治療のための通院が終わり、早く患者さんを通院生活から解放して差し上げたいところですが、とても大事なところなので予防の話にお付き合いいただくこともございます(もちろんご希望があれば、です)。

診療内容

歯科

一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME